太陽光発電システムの会社による違い

by admin

太陽光発電のシステムは、さまざまな会社によって作られています。
注目度と需要が一気に高まっていることもあり、新規に参入するメーカーも多く、導入する際にどこのものがいいのか迷われる方も多いでしょう。
そもそもつくった会社によって違いがあるのか、よくわからないという声もよく聞かれます。
しかし、実際にはそれぞれ製造メーカーによって特徴があり、メリット・デメリットがあるのです。
どの太陽光発電システムが一番かは、導入される方のお住まいの環境条件や屋根の形状、希望されるデザインやサービスなどによって異なってきます。
まずは特徴をとらえて十分な情報を収集し、わが家にぴったりといえるシステムはどの会社のものなのか、見定めるところからはじめましょう。
はじめに施工業者から選ぶと、1つのメーカーのみしか扱っていない業者の場合もあります。
こうした場合、他の会社の製品を比較検討することができなくなってしまいます。
複数のメーカーを扱っている業者でも、希望されるメーカーを扱っていないこともありますので、まずは製品を比較し、製造メーカーの会社を決定、それを取り扱う施工業者を探すという順序で進めるのがよいですね。
情報収集には、各地で開催されている太陽光発電のPRイベントなどに参加してみるのもよいでしょう。
こうしたイベントでは、各社の特徴を実際に目で見て、触れて体感することができます。
大手メーカーのおおまかな特徴を参考までに挙げておくと、シャープは、ワット当たりの単価が安く、初期導入コストがおさえられやすいメーカーです。
複雑な屋根の形状でも美しくつけたい、効率よく設置したいという方には京セラが向いていますね。
あまり広い屋根でなく、小さなスペースしかないけれど、そこをできる限り有効活用したいという場合、またパワーコンディショナの変換効率の高さで選ぶなら、三菱電機がよいでしょう。
やや初期コストはかかっても発電の効率の良さを追求したい、発電量を多くしたいならば、パナソニックがおすすめです。
ごく簡単な特徴を述べましたが、これらも参考に検討を進めてみてください。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>