ダブル発電でさらにお得に

地球温暖化防止に貢献できる機器というと太陽光発電とガス系の発電のどちらかしか選べないのかと思っていました。
でも違うんですね。
関西圏における電力不足を解消するべく、大阪ガスなどが推進しているのがダブル発電です。
太陽光発電とガスによるベストミックスで、さらにお得にエネルギーを確保し、エコにも貢献できる取り組みです。
太陽光発電と有効に組み合わせられるガスによる機能は2つありまが、その1つが先進の燃料電池です。
都市ガスなどから水素を取り出して、空気中にある酸素と反応を起こすことで発電し、かつ、発電の際に発生する熱でお湯が作れます。
燃料電池で発電する分、電気料金が抑えられます。
これに太陽光発電を組み合わせると、ダブル発電より、次のような様々なお得が生じます。
まず、余剰電力が増加し、売電収入がおよそ2.5倍に増えます。
また、光熱費の大幅ダウンが期待でき、一般的なご家庭で従来のガス・電気使用に比べて年間で20万円前後安く抑えられます。
太陽光発電で日中の電力を確保し夜間電力料金の適用でお得になり、燃料電池による発電とガス料金の特別ポイントが得られるからです。
ダブル発電により、電力会社から購入する電力が8割ほどカットできるので、節電要請にも対応できます。
また設置の際には、両方とも補助金の対象になります。
いずれのシステムとも国から補助金が支給されます。
自治体で独自の助成制度を設けている場合は、いずれか1つのみ申請できるところが多いです。
助成金額の多い方を選んで申請しましょう。