堺市は太陽光発電導入に積極的です

自然派エネルギーの代表選手として、今後太陽光発電に掛けられる期待は大きなものがありますが、その整備や導入はまだまだ進んでいないと言っていいと思います。
国としてはもっと太陽光発電システムの導入に力を入れたいと考えていますので、国は補助金を出す制度を確立していますが、地方都市となると温度差や開きが非常に大きいのが現実です。
たとえば都道府県や市区町村においても補助金を出しているのであれば、国との補助金を合わせると、合計3か所から補助金を受け取れることになります。
最大でいくらと決まっていますが、もしかしたら数十万円単位になるかもしれず、導入の際の経済的な負担を大きく削減することができます。
大阪の堺市は、大阪府が太陽光発電の設置に対して補助金を出していないにも関わらず、堺市独自では積極的に導入への取り組みを行っていて、非常に環境のことを考えているのだということが感じられます。
一般住宅においては1キロワットあたり7万円、上限を28万円としていることから言っても、かなり手厚い補助金だと思います。
また、町ぐるみで太陽光発電を備えた住宅を作ろうというエコタウンの計画ももち上がっているそうで、こうした住宅に入居することができたら、最初から太陽光発電システムが付いているので便利です。
一つ一つの家での導入には時間がかかりますが、初めから太陽光発電設置料を含む住宅購入価格になっていれば、抵抗も少ないと思います。