豊中市の太陽光発電を利用しよう

最近では、エコの観念と全国的な節電が求められていることから、太陽光発電を家庭や企業にて導入しているところが増えてきています。
また、国家機関においても、太陽光発電の導入に関して補助金を支出するなど、太陽光発電を推進しています。
たとえば、豊中市の場合だと、太陽光発電と太陽熱利用設備などの設置に関して設置費用に補助金が出されています。
これは、住宅用太陽光発電システムなど、個人宅での太陽光発電の導入を推進するものです。
住宅用太陽光発電システムとは、個人の住宅の屋根などにソーラーパネルを設置することで、日中の太陽熱を利用した太陽光発電を行うシステムです。
このシステムを個人宅で導入することで、日中に発生させた電力を夜間に使用することもでき、電気代の節約にもなります。
また、万が一、停電が起こった場合には、ためておいた電力を利用することができるため、個人でできる災害対策であるとも言えるでしょう。
豊中市の行う太陽光発電システムに対してのの補助金の対象者は、豊中市に住居を有している個人や、これから居住の予定がある人で、その所有する住宅や店舗用住宅に太陽光発電システムを導入する人を対象にしています。
また、豊中市内にある分譲共同住宅で共用部分に太陽光発電システムを導入する管理組合も補助の対象になります。
補助金の金額は、1kWあたり2.5万円でその上限額は10万円までになっています。
そして、太陽熱利用システムについての補助金の額は、設置費用の1/5となり、上限は6万円まで補助がなされます。
そして、交付申請は、設置の前に申請を行う必要があります。
この補助金に関しては予算が充てられるため、予算上限に達した場合には、受付が終了します。
このように、市などの公的機関が太陽光発電システムの導入に対して補助金を申請することで、太陽光発電システムを個人が安くで設置をすることが可能になるため、豊中市では、ますます太陽光発電の利用が増えていくでしょう。