設置する利点

太陽光発電システムを購入して設置する時に必要な工事費を含む初期費用は、太陽光発電システムがかなり普及した事により生産コストが下がって、発電能力の単位である1Kw/hにつき40万円~50万円前後となっています。
大阪市都島区の平均的な住宅の屋根に設置可能な太陽光発電システムは2.5kw/h~3.5Kw/h程度のソーラーパネルを設置する住宅が多いですから、初期費用として100万円~180万円程度となるでしょう。
狭小住宅の場合やデザイン性の高い屋根の住宅の場合は屋根の面積が小さかったり、形状が豊かで平面が少なかったり、屋根が向いている方角により設置可能なソーラーパネルの枚数に影響が出ますので、平均値が当てはまらない場合もあるでしょう。
太陽光発電システムの設置導入に必要な初期費用は、通常電力会社に払う電気料金を設備費用に変えて前払いすると考える事ができます。
設備費用として前払いする初期費用は、設置後に大幅に削減される電気料金と、使い切れなかった電気の売電により10年~12年で回収できるでしょう。
太陽光発電システムの普及により生産コストが下がって設備自体の費用がかなり安くなっていますし、政府や地方自治体から支給される補助金を活用する事により、従来の半分くらいの年数で初期費用をほぼ回収できるようになり、太陽光発電システムの設置に明らかにメリットがある状況となっています。
初期費用回収後は電気料金がほとんど必要ない状態で設備費も必要ありませんから、非常にお得になるでしょう。